スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hello World(2)

実機へのインストール

エミュレータでの動作が確認できたところで、実機にインストールしてみましょう。その為にはUSBドライバ等々を最初にインストールしなければなりません。

実機へのインストール
 
ウインドウ→Android SDK AVD Managerを選択します。

実機へのインストール 
Available Packagesを選択し、右のウインドウでThird party Add-onsを展開し、更にGoogle Inc.を展開します。

実機へのインストール 
その中でGoogle USB Driver package,revision4にチェックを入れて、Install Selectedをクリックします。

実機へのインストール 
Accept Allにチェックを入れて、インストールをクリックします。

実機へのインストール 
インストールが終了したら、閉じるを押します。

実機へのインストール 
念のため、上のフォルダ内にandroid_winusb.infが存在することを 確認します。

USBドライバのインストール
 
 この後は端末機種毎に違うので、各メーカーのサイトなどから検索し、ダウンロード、インストールします。

Android端末側の設定
 
 端末側の準備としては設定パネルでUSBデバッグのチェックをONにします。

PCとAndroid端末との接続

 以上の準備が出来たら、PCとAndroid端末をUSBで接続します。

実機へのインストール 
 実行→実行構成と進みます。

実機へのインストール 
実行構成のパネルでは、HelloAndroidアプリケーションを選択し、ターゲットタブで手操作をチェックし、実行をクリックします。

実機へのインストール 
 実機端末のシリアル番号が出ますので、それを選択し、OKボタンを押します。すると、プログラムが転送されて、実機側でプログラムが実行されると思います。

 今後は実機を繋いだまま、開発・デバックが可能になります。速度的な面を考えると実機があるんであればエミュレータでテストするより速いし、確実だと思います。

 もちろん一度転送されたアプリケーションはAndroid端末単独で実行されます。

 次回以降はいよいよデータベースを使った開発に取り組んでみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : データベース
ジャンル : コンピュータ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【データベース構築ならACCESSによるデータベース構築支援のマインドアクセス】

実機へのインストール エミュレータでの動作が確認できたところで、実機にインストールしてみましょう。その為にはUSBドライバ等々を最初にインストールしなければなりません。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
まずはこちらのフォームより御一報下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
859位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
108位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。