スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hello World(1)

新規プロジェクトの作成

 開発環境が整ったところで、まずは何かアプリを作ってみましょう。ここは例に漏れずHello Worldを表示してみます。Eclipseを立ち上げ新規プロジェクトを作成するところから始めます。

新規プロジェクトの作成
 
メニューバーのファイル→新規→その他と進みます。

新規プロジェクトの作成 
Androidプロジェクトを選択し、次へをクリックします。

新規プロジェクトの作成 
プロジェクト名を入力し、ターゲット名でAndroid2.2にチェックを入れます。続いてアプリケーション名、パッケージ名、Activity名、SDKのバージョンを入力します。

ユニークな名前であれば、特に細かな命名規則はなさそうですが、やはり日本語名は避けた方が無難な気がします。間違った入力をした場合は、Eclipseがこまめにエラーで返してくれるのでその点は楽です。

今回作るアプリは画面があるので、Create Activityにチェックを入れてActivity名を入力します。

新規プロジェクトの作成 
プロジェクトが作られると、パッケージエクスプローラーに上のように表示されます。自動的に必要なフォルダ、ファイルも作られます。

画面の設定

次にHello Worldが表示される画面のデザインを作成します。画面のデザインを定義しているファイルはres(リソース)フォルダのlayoutフォルダ内に作ります。ファイルの形式はxmlファイルになります。標準でmain.xmlが一つ作られます。これを修正していってもいいのですが、ここでは新たにファイルを作っていきます。 

画面の設定   

  画面の設定
main.xmlのところで右クリックし、新規→その他を選択します。

画面の設定 
Android→Android XML Fileを選択し、次へをクリックします。

画面の設定 
ファイル名を入力し、リソースタイプを選びます。フォルダはファイルが格納される場所ですが、これはこのままにします。次に入力するのがレイアウトのベースとなる種類になります。ここでは詳しいことは置いといてとりあえずLinerLayoutにして、完了をクリックします。

画面の設定  
すると、Layoutフォルダの下にhelloworld.xmlが作成されますので、選択し、右のウインドウでhelloworld.xmlタブをクリックします。Graphical LayoutタブではGUIで部品を配置していくことでデザインを作っていくことが出来ますが、ここではxmlファイルを直接記述していくことでデザインしていきます。(その方があとあと変更しやすくなりますので)

画面の設定  
ベースとなる雛形が出来ていますので、今後は必要な部分を追記・修正していく形になります。XMLファイルを新規に作成するときにLinerLayoutを選んだと思いますが、それで上のようにXMLのルートタグとしてLinerLayoutタグが作成されたわけです。

画面の設定 
次にHello Worldというテキスト文字を表示させるために、TextViewタグを追加します。属性としてHello Worldを記述しています。

プログラムの作成 

レイアウトを作成したら、それを表示させるためのプログラムを作成します。Androidアプリのプログラムファイルの拡張子は.javaになります。作成する場所はsrcフォルダ配下です。プロジェクトを作成すると、自動的に以下のようにHelloAndroidActivity.javaという雛形ファイルが作られます。

プログラムの作成  

プログラムの作成 
ダブルクリックして開くと、既に基本的なプログラムの構成要素は出来ているので、必要な部分を追記していきます。

プログラムの作成 
プログラムを実行してまず処理されるのが画面(今後はActivityといいます)が作成されるときの動作です。それがHelloAndroidActivityクラスのonCreateメソッドです。

setContentViewでActivityを開きますがその時の引数としてR.layout.helloworldを指定します。とりあえずこれでプログラムは完成です。

プログラムの実行

あとは実行するだけです。

プログラムの実行 

まずツールバーの実行ボタンを押します。

プログラムの実行 
次にAndroidアプリケーションを選択し、OKボタンを押します。

プログラムの実行 

エミュレーターが起動しますがこれだけでは何も起こりません。次にMENUボタンを押します。

2011083000075.png 
無事成功です! Hello Worldが表示されました。これで一通り、プログラムを動かすまでの流れが理解できたと思います。次回では実機での実行をしてみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : データベース
ジャンル : コンピュータ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【データベース構築ならACCESSによるデータベース構築支援のマインドアクセス】

新規プロジェクトの作成  開発環境が整ったところで、まずは何かアプリを作ってみましょう。ここは例に漏れずHello Worldを表示してみます。Eclipseを立ち上げ新規プロジェクトを作成するところから始めます。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
まずはこちらのフォームより御一報下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
859位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
108位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。