FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACCESSの利用方針

 いかに優秀なソフトであってもその使い方を誤るとメリットどころか業務効率上、逆効果になったりします。

 ACCESS使用の肝は何か。一言でいうなら『コードレスを目指す』という事です。あくまで目指すという事であって、実際の業務システムで完全にコードレスにするのは困難です。このサイトでの紹介事例でもどうしてもコードを書かざるを得ない局面が出てきますが、必要最低限にとどめる予定です。

 過去にあるユーザーの依頼で他のベンダーに作成してもらった請求更新処理が30分以上経っても終わらないんで何とかしてくれというオファーがありました。作りを見てみると想定したとおり、モジュールバリバリでDAOを使って何十万件ものテーブルを1件づつ回して更新していました。(この作成者はSQLも知らなかったのだろうか)

 そこで私は更新クエリーを組んで実行ボタンのイベントに貼り付けた所、3分程で終了するようになりました。その劇的な変化に依頼者は驚き、私は信用を得た次第であります。

 きっとモジュールを組んだ作成者はVisual Basicの言語経験者だったかもしれませんが、ACCESSの初心者だったように思います。そもそもSQLも知らないようだったので、データベース自体の開発経験が無かったのかもしれません。データベース開発においては機能を実現すると同じくらいパフォーマンスを出すという事が業務要件です。

 コードを書かないことを目指す理由は主に以下の通りです。

1.開発生産性が高くなる。
 作る時間に加えて、デバック&テストをする時間も短縮されます。これはクライアント、システムを提供する側双方にとって喜ばしいことで納期が短縮され、人件費も抑えられます。

2.製品の品質が上がる。
 コードを書けば書くほどそこにバグ(プログラムミス)が入り込む余地が増えます。言ってみれば書けば書くほどそこに隙が出来るというわけです。

 逆にコードを書かないことのデメリットとしては「融通が利かない」という一言に尽きると思います。細かい処理というかユーザーの要望通りの動きを実現しようとするとコードでしか対応できない事は事実多いです。であれば最初から書き慣れたコードで書いた方がメンテナンスが楽だと思ってしまう誘惑にも駆られます。

 しかし、そこで立ち止まって下さい。そのユーザーの要求は本当に必要なことなのか。代替案はないのか。慣れてもらえばいいだけなのでは。そこでSEとしての提案力、仕切り力が問われてくるわけです。

 そもそも実はACCESSでコードレスで実装出来るのにやり方を知らなかっただけではないのか。ACCESSではかなりの程度、細かい処理をコードレスで実現できます。これからそれをこのサイトでは証明していこうと思っていますが。

 とにかくこのサイトにおいてはプログラマ向けの技術紹介サイトにする予定はなく、エンドユーザー向けのACCESS利用法(単なるテクニック集ではなく)に重点を当てていきます。

 次回ではいよいよデータベースを構築していくうえでの手順を具体的に解説していきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : データベース
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
まずはこちらのフォームより御一報下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
752位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
93位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。