FC2ブログ

AutoKeys

 ACCESSを学習していく上ではF1キーでヘルプを参照することは頻繁にあると思いますが、業務に使うシステムでエンドユーザーに使用してもらう場合は、ヘルプは不要ですし、F1キーが起動してしまうのは煩わしいと思われるでしょう。

 そういった場合、AutoKeysマクロを使用することによりPFキーの機能を抑止できます。

 AutoKeysはキーボードとアクションを割り当ててショートカットを実装します。AutoKeysもAutoExec同様、ショートカットを意味する予約されたマクロ名です。「A」と「K」は大文字にします。マクロ名に割り当てたいキーボードを指定し、そのキーに対応するアクションを設定します。逆にアクションに何も設定しない場合は、何も機能しないことになります。それだけでなく、元々あるキーの機能も殺します。

 PF1は{F1}と指定します。そのアクションが未設定になっているので、何もしないだけでなく、本来あるヘルプも開かなくなります。同様に{F2}から{F12}まで無効にします。

 +{F1}はShiftキーを押しながらF1キーを押すことを意味します。下の例では+{F5}まで無効にしています。

 ちなみに{F4}を抜かしている理由はPF4はACCESSのフォームにおいて特別な意味があるからです。フォームのコンボボックスのリストを開くときにマウスではなく、キーボードで行うときはPF4を押します。入力フォームのインターフェースとしてコンボボックスは頻繁に使用しますし、入力に慣れた場合はマウスよりもキーボードでの操作の方が速い場合があるのでPF4は生かしておきます。

 AutoKeys

 次回はリボンを非表示にする方法を学びます。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : データベース
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
まずはこちらのフォームより御一報下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
96位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking