FC2ブログ

AutoExec

 今回からマクロについて学習します。

 基本的にマクロでやれることはACCESS VBAで実装できます。実際のところ、より柔軟で込み入った処理を組み込んでいく場合、マクロを駆使して実現するよりも、VBAを覚えていった方が結果的には楽です。どうしてもコードを書きたくないというのであれば別ですが。

 ここでは、定番的な処理で、コードを書くよりもマクロで実装した方が簡単に実現できる処理をピックアップして紹介します。

 最初に「AutoExec」マクロを紹介します。これはACCESS起動時に自動的に行わせたい処理を組み込みたい時に使用します。エンドユーザーに使ってもらうシステムの場合は、ACCESSのデータベースウインドウは見せたくありませんからね。

 まず新規にマクロを作りますが、そのマクロ名は「AutoExec固定にします。「A」と「E」は必ず大文字にします。この名前のマクロはACCESSが起動時に処理するものと判断します。

 システム起動時に必ず行わせたい処理の一つとして、メインメニューを自動的に開くというのがあります。アクションは「フォームを開く」を選択し、フォーム名にメインメニューとして作成しておいた「F_メニュー」を選択します。

 一旦ACCESSを終了させ、作成したDBを開くと「F_メニュー」が自動的に開くようになります。ちなみに「AutoExec」を動作させずに開きたい場合(データベースウインドウを表示する)は、「Shiftキー」を押しながら開きます。

 これは裏テクニックとしてユーザーには教えないようにします。データベースウインドウが表示されて、デザインを勝手に変更されては困りますから。

 AutoExec

 実は起動時にフォームを開く方法として、「AutoExec」を使わない方法もあります。「ACCESSのオプション」の「カレントデータベース」でフォームの表示で「F_メニュー」を選びます。

起動時の設定

 ただ、アクションとしてメインメニューを開くだけでなく、連続して複数の処理を行いたい場合はやはり「AutoExec」を利用した方がいいです。例えばメインメニューを画面の大きさに合わせて最大化したい場合などはアクションで「最大化」を選択します。他に起動に行う処理例としてはデータベースの最適化、バックアップなどがあります。

最大化


 次回は「AutoKeys」について学習します。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : データベース
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
まずはこちらのフォームより御一報下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
96位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking