FC2ブログ

集計クエリー(その4)

今回も引き続き、集計クエリーの演習を行います。条件が複合的になりますので、少し難しくなります。

1.注文書テーブルの97年7月における”飲料”及び”乳製品”各々の注文金額合計を求める。

 注文金額合計

グループ化、演算、Where条件が組み合わされた例です。順に見ていきます。

①日付の抽出条件の「97年7月」を設定するために、日付の集計欄を「Where条件」にします。97年7月ということは1997/07/01から1997/07/31の事ですから、以下の様にBetween関数を用いて指定します。日付型のフィールドは「#」で囲みます。
Between #開始日付# and #終了日付#

②商品の種類が"飲料"及び"乳製品"という条件もありますので、①と同様に種類の集計欄に「Where条件」を指定します。"飲料"と"乳製品"はどちらでもいいので「OR」で繋ぎます。①と②はAND条件になりますので、抽出条件欄は並列に記述します。もし①と②がOR条件でしたら抽出条件欄を段をずらすだけです。

③種類毎の集計値を見たいので、種類でグループ化します。

④最後に注文金額合計を求める部分ですが、集計欄を「演算」にし、[単価]と[数量]を掛けてそれのSUMをとり、金額合計を求めます。

以下が結果になります。

注文金額合計(結果) 

2.注文書テーブルで注文金額合計が10,000円以上の商品を抽出する。

注文合計で抽出 

1.ではWhere条件で抽出条件を指定しましたが、演算した結果を抽出条件にすることも可能です。商品でグループ化し、その金額合計が10,000円以上で抽出しています。

以下が結果になります。

注文合計で抽出(結果) 

3.注文書テーブルで単価が200円以上の商品の注文合計が10,000円以上の商品を抽出する。

注文合計で抽出2 

抽出条件のAND条件の例です。単価をWhere条件にして「>=200」と指定します。

以下が結果になります。

注文合計で抽出2(結果) 

4.注文書テーブルの注文数量の多かった順に、商品を並べ替える。

注文数量で抽出 

商品でグループ化し、その単位で数量の合計を取り、それを降順に並べます。

以下が結果になります。

注文数量で抽出(結果) 

次回は集計クエリーの演習の最後になります。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : データベース
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
まずはこちらのフォームより御一報下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
96位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking