FC2ブログ

メニューの作成

 今回はフォーム編の最後として「メニューの作成」について触れます。メニューというとWindowsの一般的なスタイルとしてメニューバーがあります。しかし、意外に一般ユーザーには人気が無く、業務システムではボタン方式のメニューが標準です。

 ボタン方式のメニューを作成するには無地のフォームに必要なボタンを配置します。ここではF_生徒番号を開くボタンとメニューを終了するボタンを配置します。

 メニューのデザイン

 メニューフォームのプロパティは通常の入力用のフォームと多少変える必要があります。

レコードソース:メニューはどのテーブルとも連結するわけはないので、何も設定しません。
規定のビュー:単票フォームにします。
レコードセレクタ:テーブルに連結しないので「いいえ」です。
移動ボタン:テーブルに連結していないので移動することもなく、「いいえ」です。

以下のプロパティもF_生徒番号と同様にします。
スクロールバー:なし
コントロールボックス:いいえ
閉じるボタン:いいえ
最小化/最大化ボタン:なし

メニューのプロパティ 

 実行してみましょう。ラベルとボタン以外無く、スッキリとしたフォームになったと思います。

メニューの実行結果 

 ここでボタンの動作を割り付けます。生徒入力のボタンのクリックイベントでコードを書きます。

生徒入力ボタンのクリックイベント 

 以下が生徒入力ボタンをクリックしたときのイベントです。

Private Sub 生徒入力_Click()
DoCmd.OpenForm "F_生徒番号"
End Sub

 Docmd.openformはフォームを開くコマンドです。その後ろにブランクを一つ空けてフォーム名を指定します。フォーム名はダブルクオーテーションで囲みます。

 終了ボタンをクリックしたときのイベントです。

Private Sub 終了_Click()
DoCmd.Close
DoCmd.Quit
End Sub

 Docmd.quitはACCESS自体を終了させるコマンドです。

 これでフォームに関しては一通り終わりましたので、現時点の完成版DBを以下からダウンロード出来るようにしておきます。

http://www.mindaccess.com/download/20101223sample.zip

 次回からはレポートに入ります。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : データベース
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
まずはこちらのフォームより御一報下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
96位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking